瀞蒼圏 -seiso-ken-

入口

青森県弘前市 弘前公園 外濠(撮影 : 2015-04-26)

2017年01月04日(水)

あけましておめでとうございます。
2016年のamazon利用額
[png] 2016年 amazon.co.jp 利用額

無事に過去最高額を更新しました。

備忘録(2016年に買ってよかったもの)

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8

  • 購入日 2016-05-06
  • 購入時価格 ¥30,651_

フルサイズ対応 14mm は Canon お純正だと値段 8 倍 (当時) するので、純正派でもとりあえず買っちゃいますよね

[JPG] 夏の大三角 (2016) in 十和田湖

2016 年 8 月のペルセウス座流星群を撮りに十和田湖にロケした際の一枚。流星群のピークが過ぎた後の西の空に沈む天の川と夏の大三角です。

画角を考えると 16mm では少しギリギリになる冬のダイヤモンドを無理せずに狙えますねー。今冬は天候に恵まれず断念しましたが、次こそは

Br'Light 米CREE社製超高輝度LED使用 CREE-L2搭載

桜beauty life USB16850充電式電池 本体USB付き

  • 購入日 2016-07-10
  • 購入時価格 ¥1,280_, ¥2,470_

星空や、初日の出の撮影など暗いうちから出歩く時のために小型の懐中電灯が欲しくて購入。

電源スイッチを半押しして照度調整や SOS のパターン信号を切り替えられますが、本体に強めの衝撃を与えても切り替わってしまうのが難ありです。
電源は単四乾電池 3 本か 18650 規格 1 本で動作する(この手の商品にありがちな構成)のため、併せて USB から充電可能なモノを選びました。

Fire TV Stick

  • 購入日 2016-07-12
  • 購入時価格 ¥4,980 → ¥3,486_ (Prime Day 30% Off)

Prime Day にて安売りしていたので Fire タブレット 8GB と併せて勢いで購入。自宅にはテレビ無いので、実家で活躍してます。

テレビ側に付いてる HDMI 接続機器の連動機能が使えたため、テレビリモコンだけでもある程度操作できるのが年配者にも優しいですね

DTCP-IP対応NAS TS-231+

SanDisk SSD UltraII 960GB 2.5インチ

  • 購入日 2016-09-23
  • 購入時価格 ¥26,797 → ¥20,100_ (Sale prise), ¥24,192 *2

自宅サーバーの仮想マシン用ストレージとして購入。
10GbEthernet が流行りつつあるこのタイミングで 1G x2 の LAG 構成というのも栄えないですが、値段がどちらも落ち着いていたので思い切って買いました。

RAID-1 構成ですが、VDI、VPNサーバ、テスト用 Windows 10、他簡易評価用の普段使いする分で 200GB、がっつりシステム評価用に 500GB 切って、余りが 100GB ちょっと。実は少し足りない気がしてますがしばらくはこれで...

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト、キャンペーン情報なし

  • 購入日 2016-09-22
  • 購入時価格 ¥16,280 → ¥9,980_ (Coupon prise)

割引額が多くなってたので電子書籍の小説読む用に購入。軽くて長時間の読書も苦にならないですが、ごろ寝用

Zライト Z-208 B ブラック

  • 購入日 2016-11-19
  • 購入時価格 ¥7,980_

貰い物で学生の頃から使ってた 10 年選手の電気スタンドの蛍光灯が切れたので、以前から欲しかった山田照明に買い換え。評価用蛍光ランプも使えますが、とりあえず電球色の蛍光灯付けてます

Pokemon GO Plus

  • 購入日 2016-11-16
  • 購入時価格 ¥3,780_

ポケモンGO の公式チートツール。最近ジム落とす時以外は画面見てません。電車乗ってても卵のカウンタも少し増えるような?

Nighthawk R7000-100JPS

  • 購入日 2016-12-11
  • 購入時価格 ¥10,867 → ¥8,940_ (Sale prise)

セール品でさらに Amazon ギフト券ももらえるキャンペーンやってたんだけど、今日現在未だ届かず

高台家の人々

  • 購入日 2016-6-7
  • 購入時価格 ¥400_ (Kindle)

ごくせんで有名な森本梢子昨のラブコメ漫画で久しぶりに声に出して笑った作品。今も連載中でドラマ化もしたらしいけど、生身でこの作品を表現するのは難しいだろうなーと思いつつ観ないで終わってしまいました

君の名は。 Another Side:Earthbound

  • 購入日 2016-9-5
  • 購入時価格 ¥603_ (Kindle)

原作の補完が出来ると聞いて勢いで購入。これを読むのを口実に Kindle Paperwhite まで買ったのだからどうしようもない

...ちゃっかり値上げしてないか?

こんなに使ってるんだから、はやく Amazon Mastercard 作っておけばよかった

2016年04月10日(日)

備忘録
売った

いつか使うだろう、と思ってた一眼と、新しいのが欲しいから邪魔になる Nexus 端末を除却しました。

  • Canon EOS 7D body : \45,000_
  • Canon Battery Grip BG-E7 : \4,200_
  • ASUS Google Nexus 7 16GB(2013) : \11,000_

買い取り by じゃんぱら。

EOS 7D は初めて買った 1 桁機で、連射速度は 8 コマ/秒と、現行の 2 桁機にもスペックで負けず劣らない機種です。

フルサイズ一眼の 6D に 16-35mmと, 24-70mm が揃ったので、先立って APS-C 専用レンズは処分しておりましたが、望遠域に挑む可能性を捨てきらずバッテリーグリップとボディだけ手元に置いていました。

しかし 7D Mark II も登場したので、必要になった時に改めて手にすることに

買った

同僚の触ってたら欲しくなったので勢いで買ってしまった Xperia Z3 Tablet Compact 。

前はフラップ付の合成皮のやつだったけど何だかんだで使い勝手よくなかったので、前面はガラスフィルム、側背面は TPU ケース、鞄に突っ込む時用にスリップインケースにしました

[JPG] Xperia Z3 Tablet Compact SGP611

そろそろ電子書籍に手を出そうかしら

お買い上げ

2015年12月15日(月)

備忘録
修理

SO-04E (Xperia A) のタッチパネルが経年劣化によって、戻る・ホーム・タスクボタンの不具合、連打病ってやつが発症。
MVNO のテザリングルータ兼音楽プレイヤーなので直ちに影響は無いものの困るっちゃ困るので、対処したメモ

最初は硝子の保護フィルム貼ってるせいかと思ってたけど、ネット調べるとどうも既知の不具合ぽい。これクソニータイマーのリコールモノじゃ無いのかね?

んで、ネットの情報に倣い最寄りの ドコモショップへ。機種変更して既に SO-02G (Xperia Z3 compact) になってますが、 SO-04E が発売後 2 年以内であることと、月額の保障サービス加入していることで無償修理対応と相成りました。

  • 修理期間はちょうど 10 日
  • 代替機貸し出しは無料、だが断る(持ち込む)と後日ドコモポイント 300pt げっちゅ
  • バッテリ、UIM カード(と、恐らく microSD カード)は回収対象外
  • 本体と、本当は要らないけど防水端末なので裏蓋をお預け
  • 改修後はクリーニングしてくれるぽい。新品同様のフィルムで包まれた状態で返却
  • でも裏蓋はパッキンのみ交換したのか、表面の汚れは据え置きだった
  • 忘れてたけど、預けたモノは rooted 端末(10.31.B.2.13)。表向き補償外と言いつつ何も言わず治してくれた
  • ファームウェアは最新バージョンにアップデートしておきましたが宜しかったでしょうか (yes/はい)

これ、普段使いしてた端末だとおサイフケータイの切り替えとか絶対面倒なんだろうなぁとか思いつつも、まぁタダだし赦す

root

初期状態に戻ったため、環境の再構築メモ

  • flashtool-0.9.18.6-windows.exe
  • SO-04E_10.3.1.B.2.13_docomo.ftf
  • rootkitXperia_20140719.zip
  • de.robv.android.xposed.installer_v32_de4f0d.apk
  • DocomoSimPatcher20130726.apk

これらは自宅ファイルサーバのいつものとこにある。
面倒でパス通してないから、 bat 叩いてもダメだぞ。この時はコピペでやったぞ

miku とか、海外にある lolipop とか試しても良いかもしれんけど、安定動作して欲しいのでパス

以前に一度張り替えたのと今回の件で、SO-04E のガラスフィルムは 3 枚目に。流石に貼るコツも掴めてきたです。

お買い上げ

2015年8月17日(月)

備忘録
装備

今度の帰省は色々と不運が重なり、空振りに終わったので何かお茶濁しをしておこうかと思います。

『I ♥ CRT』缶バッジはたしか Steins;Gate 関連グッズ。

現在使っているカメラバッグ。 2013 年の 1 月に IYH した AOC-DC1SHL-BK

[JPG] Kenko Tokina aosta DECORO AOC-DC1SHL-BK

正面。

[JPG] Kenko Tokina aosta DECORO AOC-DC1SHL-BK

蓋開けたところ。正面のポケットは 4 つで、82mm 径用フィルターケースが丁度良く入ります。後はレンズペンが 2 本程収まる感じです。

[JPG] Kenko Tokina aosta DECORO AOC-DC1SHL-BK

上部より。見えづらいですが、左からエアーブロウ、 EOS 6D + EF24-70F4L、EF16-35F4L、モバイルバッテリー、Nexus 7 (2013)

ベロクロの仕切りは2枚しか付属していないので、ある程度の物を詰める場合は追加する必要があるように感じます。なので、私は以前使用していたカメラバッグからインナーを丸ごと転用してつっこんでます。

小三元構成を入れようとするならばここまで細かい緩衝材は入れてられないですねー。ある程度乱暴に扱う事を考えるとトレードオフですが

[JPG] Kenko Tokina aosta DECORO AOC-DC1SHL-BK

ナイロン製 1 枚布に緩衝材のインナーケース入れるだけの簡易的な構造なので、気休めながら正面と背面ぞれぞれ間にポリカーボネート板を挟んでます。厚さ 1mm もの。

[JPG] Kenko Tokina aosta DECORO AOC-DC1SHL-BK

入っている物全部出したところ。リリースやメモリーカードケースの類は、隙間に詰め込む感じで。

[JPG] Kenko Tokina aosta DECORO AOC-DC1SHL-BK + Legend Walker 6200-44

キャリーバッグに乗せたところ。

[JPG] Kenko Tokina aosta DECORO AOC-DC1SHL-BK + Legend Walker 6200-44

の後ろ側。いじょ

2015年5月24日(日)

また買い物ですか
はい、買い物です

EOS 6D を手にする前に EOS 7D で使っていた標準レンズと超広角レンズを手放しました。

  • EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM (¥33,990)
  • EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM (¥33,600)
  • MARUMI MCプロテクター 77mm (¥160) *2
  • EVF-DC1 (¥9,450)

Kiss X2 → 50D → 7D と APS-C 相当クラスをメインの機材としてきましたが、一昨年に勢いで EOS 6D に手を出して以来、6D の出番が増える一方で気付いたら 7D の出番が減るばかり。

正直、4 月の弘前遠征でも一眼レフボディ 2 個持ち(6D + 24-70F4L、7D + 10-22)は少ししんどいなぁと思っていたので、思い切って 6D に一本化しようと。

んで、標準域は 24-70F4L があるので良しとして、超広角が無くなる。じゃあ買うしかないっしょ。

IYH近景

割とデカい

[JPG] ダイバーシティガンダム

EF16-35mm F4L IS USM。

何枚か
[JPG] ダイバーシティガンダム

量産機になれない学校

[JPG] ダイバーシティガンダム

都庁。

お買い上げ

2015年5月10日(日)

ご挨拶
お久しぶりです

昨年 10 月末から 3 月末まで仕事の都合で仙台に出張っておりました。

出張手当と多忙を極めた分の残業代を握りしめ、春先に戻って参りましたが諸手続や部屋の片付け、連休中の帰省とバタバタしており相変わらずこちらは更新せず放置しております。

まぁ当サイトをご覧頂いている奇特な方は Twitter も追っかけて頂いているでしょうから、細かい動きはご存じかと思い割愛します。

IYH近景

出張中、忙しくてお金を使う暇が無い!状態が長期間続いたことと日本経済の行く末の憂いを晴らすため、思い切って 3 月末に発売されたばかりの EOS M3 を IYH! しました。

[JPG] EOS M3 購入

正直なところ、写り云々を置いておいてキットレンズはミラーレスカメラにはデカすぎるためパス。じゃあ、と白羽の矢を立てたのがパンケーキレンズの EF-M22mm F2 STM 。

Canon の EF-M マウントにおいては 1.6 倍計算によりフィルム換算約 35mm 相当の画角のレンズになります。以前の EOS 6D 入手後に購入したレンズで EF40mm F2.8 STM がありましたが、あれに近い感覚で扱いやすい玉です。

ボディに NFC を搭載しており、スマホにアプリを入れておけば気軽に撮影した写真を転送できるため、飯テロ装備がより盤石なモノとなりました。

写真において既に装着しているストラップとボディジャケットは、 E3 のデビューキャンペーンで貰ったもの。当初は裸で運用してましたが特に不都合は感じず、無くても別に良いかなぁと思ってましたが、付けてみるとこれがなかなかどうして素晴らしい

特にボディジャケットはテーブルや椅子などに置く際、衝撃による傷や故障に対してあまり神経を使わずに済みます。ストラップは本体付属のナイロン製とは違い、主張の強いメーカーロゴがないのが素晴らしいです。

どうやら市場価格は合わせて \8,000 弱となかなか良いお値段します。タダで貰ったので勿論使ってますが、裸運用の方は一度検討して欲しい逸品です。

何枚か
[JPG] JR東日本 E5系

東北新幹線 E5 系。帰省時の 1 枚。

[JPG] ダイバーシティガンダム

オクトーバーフェスト 2015 お台場の帰りにダイバーシティにて。

[JPG] ティータイム

同じくオクトーバーフェストの帰りにヨドバシアキバの喫茶にて

また別のIYH

6年ぶりの FUJIFILM (出張中の2014年12月9日に購入)

[JPG] FUJIFILM XF1 購入

こちらは Amazon のタイムセールでポチった XF1 。

発売当初(2012年)には 5 万円弱もしていたハイエンドコンデジが、およそ三分の一の値で投げられていたため勢いで買ってしまいました。

従来のミドルシップである FinePix F シリーズ終結と後釜の X シリーズの境界を担った機種だと思います。

FinePix F シリーズ自体も手元にある F200EXR の 1/1.6 型 CCD センサーから縮小の傾向が続き、代わりに光学ズームのスペック向上路線と、途中でスーパー CCD ハニカムを捨て EXR-CMOS にされるなど、脱 CCD 小型センサー高画素化高倍率ズームの流れがありました。

最終的に Finepix F シリーズのブランドは無くなりましたが、 F200EXR の後継機として手にするには充分な逸品だと思います。

...などと、つらつら書いたものの、後から購入した EOS M3 の追加勝手が良すぎてあまり出番がないのがどうしたものやらです

やはり自分の中でミラーレスはコンデジ扱いだからかな

お買い上げ

2014年9月22日(月)

散財
IYH全景

キャンペーンだったので

[JPG] EF24-70mmF4L 購入
IYH近景

初赤鉢巻

[JPG] EF24-70mmF4L 購入
手持ち望遠端撮影

夜も更けてしまったので、手元の撮影だけ。コレが通常時限界の接近撮影

[JPG] EF24-70mmF4L 購入
手持ち望遠端撮影(簡易マクロ機能On)

フードがぶつかった状態での撮影ですが、ここまで寄れる。

[JPG] EF24-70mmF4L 購入
お買い上げ

一括ニコニコ現金主義ではありますが、これに電子マネーは含まれております(楽天 edy 50,000 円分、Suica 20,000 円弱)ので、この日の財政出動は諭吉 7 人ほど。もらえるポイントは頂きます。

L レンズのプロテクターには Kenko の Zeta でしょ。ってのが一昔前の常套句でしたが、現在は MARUMI も負けておりません。元より愛用していることもあって、今回初めて同社最上位モデルの EXUS を買ってみました。

確かに埃が着きにくいです。 Zeta 持ってないのでその差はわかりませんが縁も薄くケラレの心配はまったくありません。UV フィルターにこだわらない人なら一考の価値ありです

2014年8月12日(火)

天体観測

具体的な撮影ポイント(Google マップ)

青森県八甲田山 田代平

撮影時刻 [2014-08-12 23:27:18] 〜 [2014-08-13 0:29:15]

[JPG] ペルセウス座流星群撮影

極大の日を狙ってゾロゾロとロケに望みました。目視で追う分にはとても多く観測できたものの、撮影の方はからきしで昨年ほどはっきりした一枚は撮れませんでした。

ので、撮ったモノ合成してお茶濁し。

雲も出てるうえ、ダークフレームも用意していないのでノイズも乗ったままですが手軽に出来るので一度はやりたくなる遊びですよね

破線になってしまったので、次やるときはもう少し長めで

2014年4月28日(月)

黄金週間

今回の大型連休と地元の桜前線が良い感じに交差し、かつ比較的天候にも恵まれたためみゅ氏に嗾け花見は弘前城ロケと相成りました。

地元民か、観光で足を運んだ方はご存じだとは思いますが、弘前公園さくらまつりとは何より渋滞との戦いです。
公園自体は天守閣周辺を除いて入場に規制はありませんが、おおよそ午前 9 時過ぎから花見客は増え、10 時過ぎから混雑のピークを迎えます。問題は弘前市が戦火を逃れた旧城下町であり、道幅が狭いためにあっという間に渋滞するんですわ

渋滞は避けて通るにコしたことはない。子供引き連れた家族旅行でもないので、八甲田山を挟んで反対側に居を構える我々県南地域のメンバーは朝 5 時半出発を決行しましたとさ

ボート乗り場付近

弘前工業高校の裏手に駐車した都合、まずは桜のトンネル口付近ボート乗り場の橋の上から手持ちのカメラ 2 台それぞれで一枚。

[JPG] 弘前公園さくらまつり

6D + EF 40mm F2.8 STM

[JPG] 弘前公園さくらまつり

7D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

現像の際に多少手は入れてるモノの、コントラストのノリはやはり単焦点レンズに分がありそう。まぁ全力で超広角レンズ使うとこんな感じ

桜のトンネル口

まさに桜のトンネル、なのですが如何せん観光客の多いこと。人のこと言えませんが。他人の目線が入らないタイミングで一枚。

[JPG] 弘前公園さくらまつり

7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

春陽橋

最初のボート乗り場から桜のトンネル口を抜けた先にあるのが春陽橋。橋の上から撮った絵では向かって左手が桜のトンネルです。

[JPG] 弘前公園さくらまつり

7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

[JPG] 弘前公園さくらまつり

6D + EF 40mm F2.8 STM

城内

この辺で雨がぱらついてきたため、あまり撮れてないです

[JPG] 弘前公園さくらまつり

7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

天守

世に出回る写真の多くが詐欺に近い美しい構図ばかりなので、アマチュアも負けてはいられません。小ささ故に周りの桜とのバランスが取れてるのかな

[JPG] 弘前公園さくらまつり

7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

[JPG] 弘前公園さくらまつり

7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

外堀

花びらの絨毯で海外にも(?)評判な堀ですが、散る前で残念ながら時期尚早。奥には岩木山が望めるはずが残念ながら雲が掛かってました

[JPG] 弘前公園さくらまつり

6D + EF 40mm F2.8 STM

八重紅枝垂れ

味気ないソメイヨシノを背景に、妖艶な色気ある紅色の主張っぷりがとても良い感じでした。少しだけでも晴れてればと悔やまれる天候でした

[JPG] 弘前公園さくらまつり

6D + EF 40mm F2.8 STM

不動の滝 (八幡平市)

弘前城を一回りし家路に。一度秋田県側に抜け、途中岩手県八幡平市の不動の滝を。岩肌むき出しで木々の葉も少なく寒い絵になりましたが、直ぐそばに神社が祀ってありむしろスピリチュアルな雰囲気でした。

[JPG] 不動の滝

7D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

三戸城山公園

最後は県立の城山公園。出店もまばらで少し時期がずれていたかもしれないですが、ピーク時はこちらも山の上まで渋滞になるので見極めが重要。どちらかというと小さい子供が遊ぶ公園メインです

[JPG] 三戸城山公園

6D + EF 40mm F2.8 STM

なんだかんだで地元の街の写真を一枚も納めてないという失態。来年時期が合えば...

2014年4月19日(土)

世の中世の外ぶっそーです

カード番号変更しました(旧→新)

[JPG] NTT Group Card

3月の明細に見慣れない請求があったので、カード会社に確認してもらったところ請求元が某国の知らない企業。完全に身に覚えがないことから、請求は差し止めてもらうことにしました。
請求元にも異議申し立てが認められるらしく返金は一月程掛かるとのこと

だもって、差し止めにあたりカード番号変更した方が VISA へ申請が通りやすいとかなんとかで番号が変わりました。(利用枠、有効期限は据え置き)

変わったのは接点のデザインと VISA のロゴデザイン、全体的に色が明るくなったかなー程度

用途は NTT 東日本, Com, docomo の料金と Edy チャージだけで、 NTT グループはカード会社で変更してくれるらしく番号の変更は Edy のみで完了。

どうせ使わないしキャッシング枠減らしてクレジット枠広げてもらおうかしら

2014年3月29日(土)

弥生だけに咲き乱れてる花

さようなら今年度

キャッシュバックキャンペーンで衝動買いした EF40mm F2.8 STM を EOS 6D に付けて臨みました。

[JPG] 東京スカイツリー

三脚も持ち出して数枚撮った中から 3 枚選んで HDR 加工してみました。

合成したので EXIF ぶっ飛んでますが、絞り優先 F4.0, ISO12800 で 1/500,-5 と 1/125,-3 と 1/30,-1 の三枚混ぜました。

本当は夜桜撮りに六義園まで足を伸ばしたのですが、入場待ちの行列に心折れてこんなロケとなりました。

レンズ自体は歪みも少なくてコンパクトでコスパは良いですが、単焦点で F2.8 ってのはフツーですね。フード付けてプロテクター無しで使いましょう

2014年2月10日(月)

お出かけ

滞在 3 日目。 2 日目は悪天候に見舞われたため引きこもってましたが、最終日はこれでもかと言うほどに晴れました。

とは言え時間も無かったので近場に出張ってきました

[JPG] 八甲田山

35mm判フルサイズ 50mm で実家の前から西側の田園風景。ちょうど陽が雲に隠れたところ
地元で冬にこれほど晴れた空はなかなかに稀少です。

[JPG] 八甲田山

で北西側。がっつり陽が出たため一部が白飛び。先日購入した C-PL フィルター付けたまま。陽が昇りきっていればもう少し空の色も違ったかも

あとは奥入瀬渓流にて何枚か

[JPG] 奥入瀬渓流,馬門岩の氷柱

馬門岩の氷柱。でっかいです

[JPG] 奥入瀬渓流 馬門橋から

馬門岩橋から

[JPG] 奥入瀬渓流,双白髪の滝

双白髪の滝。 流れちょろいのはガッチガチに凍ってます

[JPG] 奥入瀬渓流,寒沢の流れ

寒沢の流れ ...だと思う。これも 6D で。

[JPG] 奥入瀬渓流,銚子大滝

銚子大滝の全景。階段降りたところからの一枚ですが、数メートル離れてるのに水しぶきが飛んできます。今度はレンズを拭く布も持参しよう...

[JPG] 奥入瀬渓流,銚子大滝

銚子大滝をローアングルで

いじょ。
先日、みゅが IYH していたので、負けじと今回三脚を新たに Manfrotto 055XPROB+804RC2 を IYH して臨みました。

アルミ製 3 段 雲台込みだと 3kg 越えの重量で全伸高は使い手の身長を優に超える、電車移動ではとても選択肢にならないブツですが、田舎で車移動であればこいつの安定感はとても心強いです。おすすめ!

あとは...本気で滝を撮るならやっぱり ND フィルターかなあぁ?

2014年2月8日(土)

お出かけ

ちょっと消化し切れていない有給休暇を月曜日に入れることで 4 連休を確保。そして粉雪舞う都内を尻目に本場雪国は地元青森へ出張ってきました。

[JPG] 十和田湖冬物語2014-1

十和田湖冬物語の入り口。カロリーメイトを模した塀。中には白熱電球仕込んでました

[JPG] TIANYAPRO1DCPL58

出店はすべてプレハブ小屋形式。(当日の)外気温が氷点下 -7 ℃の大自然の下ではどんな暖かい汁物も串焼きも途端に冷めてしまい興醒めですし。

[JPG] 十和田湖冬物語2014-2

青森 = ねぶた のステレオタイプの精神。
開催している地域とは山を挟んで向こう側、完全に余所のお祭りなのは言わずもがな

[JPG] 十和田湖冬物語2014-3

しばれる空気で身体を温めるホットワイン。ショットグラスサイズですが、お値段は現地に赴いてからのお楽しみです

[JPG] 十和田湖冬物語2014-4

五つの輪。他意は無いと思われる

[JPG] 十和田湖冬物語2014-5

会場内の未就学児の移動手段にはそりと呼ばれる高機動手段が有効。

[JPG] 十和田湖冬物語2014-6

盃を交わす義兄弟と、みゅ@パパラッチ。

[JPG] 十和田湖冬物語2014-7

らぶちゅうny

そんなこんなで夕闇の中をカメラ抱えて戦ってきました。絵には映っていませんが、常時濡れ雪が降り続けており精密機器には優しくない状況でした。今度があったら晴れる事を祈って

しかし、出店のメニューはありきたりな物が多く、申し訳程度の B 級グルメを挟んだ他はなんともぱっとしないラインナップ。もう少しテーマ性を持たせるなどして頑張って欲しい感じ。

2014年2月2日(日)

お買い物
[JPG] TIANYAPRO1DCPL58

TIANYAPRO1DCPL58

[JPG] TIANYAPRO1DCPL58 [JPG] TIANYAPRO1DCPL58

6D + 50mm 1.4へ装着

[JPG] TIANYAPRO1DCPL58

UV Filter + C-PL Filter 重ねてもケラレなし

あとは、角度を変えて設置しているパソコンのディスプレイを使って動作確認↓

[JPG] TIANYAPRO1DCPL58

45℃

[JPG] TIANYAPRO1DCPL58

0℃

[JPG] TIANYAPRO1DCPL58

90℃

右のディスプレイは左のモノよりやく30℃手前に引いて置いてますが、それなりの偏光具合です。値段相応かなー

お買い上げ

2014年1月5日(日)

ご挨拶
[JPG] 元旦 岩手県北山崎

元旦。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

写真は地元で毎年恒例となっている初日の出撮影のモノ。メンツはmyu樹雪13年前、そして蒼瀧の 4 名でした。

2012 年、 2013 年と 2 年連続で足を運んでいた青森県八戸市の葦毛崎展望台ですが、当日の天気予報では曇りの予報だったため、急遽お隣の岩手県浄土ヶ浜を目指しました。

朝2時過ぎから行動を開始したものの、出発の遅れに加えて県外に出ても回復しない天候、路面状況の悪さもあり結局日の出までに目的地に辿り着けるか微妙な状況に。
第二候補としていた北山崎展望台に舵を切り、なんとか無事にご来光を拝むことができました。

その他
[JPG] 岩手県田野畑村北山 北山崎展望台より

断崖絶壁

[JPG] 元旦 岩手県北山崎

左から13年前、myu

[JPG] 元旦 岩手県北山崎

そして樹雪。